for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア中銀保有のズベルバンク株売却に旺盛な需要

[モスクワ 18日 ロイター] ロシア政府が売却するズベルバンクSBER.MM株に対し、世界中の投資家から旺盛な需要が集まった。ロシア国内における圧倒的に強力な事業基盤や、欧州の新興国への進出機会が高く評価されている。

ロシア中央銀行が18日遅く明らかにしたところによると、売却価格は1株当たり93ルーブル(3.04ドル)となった。これは92―94ルーブルとされていた予想レンジの中間値。

現在、ズベルバンク株の57.6%をロシア中銀が保有しており、中銀はズベルバンク株の7.6%を放出する。その結果、中銀の持ち株比率は50%プラス1株となる。

ズベルバンクはモスクワ、ロンドン、ニューヨークで投資家説明会を開催。ロンドンで説明会に参加したある投資家は「いい案件のようだ」と述べ、大量の注文を出したと明らかにした。

先週末14日のズベルバンク株終値は97.05ルーブルで、売却価格はそれに比べ4%ディスカウントされた水準。売却される株数は17億1000万株で、売却額は51億4000万ドルとなる。

ディスカウント幅は、昨年VTB株が売却された際の10%を大幅に下回った。

ロシア政府は当初、ズベルバンク株を1株100ルーブルで売却したい考えだったが、その水準には届かなかった。ただ、ズベルバンクが下限価格としていた91ルーブルは上回った。

ズベルバンクはロンドン市場にグローバル預託証券を上場させ、早ければ19日から取引が開始される見込み。

VTBのリサーチによると、ズベルバンクの2012年予想株価純資産倍率は1.48倍で、新興国市場の他銘柄とほぼ同じ水準。

予想株価収益率は6.8倍で、新興国市場平均の10.3倍を下回っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up