for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジアのプライベートバンク預かり資産、シティがUBS抜き首位

[シンガポール 24日 ロイター] 2011年のアジア・太平洋地域におけるプライベート・バンキング顧客預かり資産(AUM)は、米シティグループC.NがUBSUBSN.VXを抜きトップとなった。業界誌プライベート・バンカー・インターナショナルが24日明らかにした。

HSBC0005.HKは、預かり資産が前年の1500億ドルから1290億ドルに減少したものの、引き続き3位だった。

プライベート・バンカー・インターナショナルによると、外資系金融機関が引き続き目立つが、DBSグループなどアジア地域の銀行も健闘している。

2011年の資産規模は、複数の金融機関がウェルスマネジメント部門を拡大したものの、1兆0990億ドルと2010年の1兆1050億ドルから減少した。資産の減少は2011年の世界的な株価下落と一致している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up