for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏食品大手ダノンがコスト削減実施へ、工場閉鎖は計画せず

[パリ 13日 ロイター] フランスの食品大手ダノンDANO.PAは13日、欧州景気の低迷が長引いていることを受け、今後2年間に欧州で2億ユーロ(2億6100万ドル)前後のコスト節減を目指す計画を準備していることを明らかにした。

同社は「物言う投資家」として知られる米国のネルソン・ぺルツ氏から、利益率を引き上げ、株価を上昇させるよう求める圧力にさらされている。

今回発表したコスト削減計画は、現在進めている年間5億ユーロの生産性向上計画に上乗せされるという。

同社のスペインの乳製品部門などは南欧での緊縮財政策の影響で売り上げが落ち込んでおり、同社は今年の営業利益率が50ベーシスポイント(bp)低下するとの見通しを示している。

今回のコスト削減計画は、労使協議会にまだ諮っていないため、ダノンは詳細を明らかにしていない。協議会は来年3月13日までに開かれる。

経費節減は一般管理費が中心で、広報担当シニア・バイス・プレジデントのLaurent Sacchi氏が電話インタビューで語ったところによれば、管理職や後方支援機能の人員削減が含まれる可能性があるものの、工場閉鎖は予定していない。

ダノンの従業員数は世界全体で10万2000人。欧州は2万7000人。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up