for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港当局、HIBOR不正操作の疑いでスイスUBSへの調査開始

[香港 20日 ロイター] 香港の中央銀行に相当する香港金融管理局(HKMA)は20日、域内銀行間取引金利(HIBOR)の設定のための金利を不正確に申告していた疑いで、スイスの金融大手UBSUBSN.VXに対する調査を開始したと明らかにした。

HKMAは声明で、海外の規制当局から、UBSがHIBORや域内のほかの金利指標を設定する際に不適切な申告を行っていた可能性を指摘されたと説明。

UBSは、前日の19日には、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)を含む複数の国際的な金利指標をめぐり、ブローカーへの贈賄や従業員による不正操作を行った事実を認め、米・英・スイスの各規制当局に対して総額15億ドルの罰金を支払うことに合意したと発表したばかりだった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up