for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均4日続伸、連日の年初来高値更新で「掉尾の一振」

[東京 28日 ロイター] 東京株式市場で日経平均は4日続伸。連日の年初来高値更新と年末高を意味する「掉尾(とうび)の一振」なった。

12月28日、東京株式市場で日経平均は4日続伸。連日の年初来高値更新と年末高を意味する「掉尾(とうび)の一振」なった。写真は都内で今月27日撮影(2012年 ロイター/Yuriko Nakao)   *写真キャプションの日付を修正して再送します。

安倍新政権に対する強い期待感が継続。ドルが86円台まで進むなど円安が加速するなか、業績回復期待から輸出株中心に買いが先行した。海外勢による買い直しなども続き、大納会にもかかわらず活況を呈した。

2012年の日経平均.N225は年間で22.9%上昇。3年ぶりのプラスとなり東日本大震災前の水準を回復した。

ドル/円が一時86.64円まで続伸し、2010年8月以来の高値を付けたことを好感し、自動車など輸出株を中心に買いが継続。市場では「安倍新政権は決勝ラウンドともいえる7月の参院選を前に、矢継ぎ早に政策を打ち出すと見られる。新政権のターゲットとするデフレ脱却や円高是正、物価目標の設定などは、海外投資家の好むテーマ。年明け以降も海外勢は日本株に対し、持たざるリスクの回避に動いているのではないか」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券のシニア投資ストラテジスト、吉越昭二氏)との声が出ていた。

年末年始の6連休を前に、市場では為替や米株市場が急変するのではないかという見方から、後場に入り利益確定売りも強まったが、「ヘッジファンドの買戻しはかなり進んだものの、グローバルファンドはまだ買いきれていない。売り物が出てくると、拾ってくるところもみられ、大納会とはいえ、ボリュームがでていた」(国内証券)という。

心配される米の「財政の崖」問題では、「『米株安ドル安』となれば、年初の日本株にもマイナス影響はあるものの、『米株安』だけでは影響はないだろう。為替に期待して、世界の投資家が日本を評価しなおしている状況では、買いは止まらない。一定量の買いは入ってくるとみている」(立花証券・顧問の平野憲一氏)という。

個別株では、連日、野村ホールディングス8604.Tが売買代金トップと活況。27日に付けた年初来高値498円を更新し、500円の大台にのせた。このほか、トヨタ自動車7203.Tが2010年1月以来、2年11カ月ぶりとなる4000円台を回復した。「為替の円安が一段と進み、来期の企業業績の上振れ期待が高まった」(大手証券)という。トヨタの業績予想の前提となる為替レートは1ドル=78円、1ユーロ=100円。為替感応度は対米ドル1円で350億円であり、業績上積み期待が高まっている。

ホンダ7267.Tや日産自動車7201.Tのほか、東芝6502.Tやキヤノン7751.Tといった輸出株も軒並み買われた。一方、円安のデメリットから東京電力9501.Tや関西電力9503.Tなど電力株が売られた。原子力規制委員会が現在唯一稼働中の原発、大飯原発下に活断層があった場合、停止を指示するとした報道も嫌気された。

東証1部騰落数は、値上がり821銘柄に対し、値下がりが732銘柄、変わらずが143銘柄だった。

(ロイターニュース 岩崎成子)

日経平均.N225 TOPIX.TOPX

終値      10395.18 +72.20           終値       859.8

寄り付き    10406.36           寄り付き     860.36

安値/高値   10374.85─10433.63        安値/高値    854.14─861.57

東証出来高(万株) 289171         東証売買代金(億円) 14746.34

*写真キャプションの日付を修正して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up