for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米エイビス、カーシェアリングのジップカーを約5億ドルで買収へ

[2日 ロイター] 米レンタカー会社のエイビス・バジェット・グループCAR.Oが、カーシェアリング大手のジップカーZIP.Oを約5億ドルで買収する。エイビスはジップカー買収によって、急成長を遂げている米カーシェアリング市場で最大手に躍り出る。

買収額は1株当たり12.25ドルで、ジップカーの前営業日終値に49%のプレミアムを上乗せした水準。

買収は今春完了の見通し。

買収によるシナジー効果によって、エイビスの利益(特別項目除く)は2年目から、年間5000万─7000万ドル押し上げられる見込み。

ジップカーは約4億ドルの米カーシェアリング市場で約75%のシェアを握り、76万人超の会員を抱える。米国やカナダ、欧州の約20都市で事業を展開する。

ガソリン価格の上昇などを背景に、米国ではカーシェアリングの需要が伸びており、米レンタカー大手のハーツ・グローバル・ホールディングスHTZ.Nやエンタープライズ・ホールディングスEPRIH.ULもすでに同市場に参入している。

ニーダムのアナリスト、ケリー・ライス氏は、ジップカーの事業規模が、ハーツとエンタープライズのカーシェアリング事業の少なくとも5倍に相当することから、今回の買収によって、エイビスは両社を抜き、米カーシェアリング事業で首位に立つことになると述べた。

エイビスのロナルド・ネルソン最高経営責任者(CEO)は、カーシェアリング市場が今後数年で100億ドル規模に達すると予想している。

2日の米株式市場で、ジップカーの株価は47.8%急上昇、エイビスも4.8%高で終了した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up