for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アングル:欧州高級ブランドが苦戦、アジア人観光客の財布の紐固く

[パリ 2日 ロイター] パリにある「ルイ・ヴィトン」の旗艦店。欧州の高級品市場が不況を克服する原動力となっていたアジアからの観光客の支出減少の兆しはここにも出ている。

4月2日、パリにある「ルイ・ヴィトン」の旗艦店。欧州の高級品市場が不況を克服する原動力となっていたアジアからの観光客の支出減少の兆しはここにも出ている。写真は昨年7月、上海で撮影(2013年 ロイター/Aly Song)

店員の1人は「中国からの客がかつてほどいない。今年を通じて低調になると思う」と語った。

「ルイ・ヴィトン」だけでない。ロイターがロンドン、パリ、ミラノで実施した調査では、「グッチ」、「エルメス」など23ブランドの半数以上が、観光客、特にアジア観光客からの売り上げが減少していると回答した。

これは由々しき事態と言える。欧州では、高級品の売り上げの約3分の1が中国人観光客による。時計・宝飾品の販売の最大70%を観光客が占める。

欧州高級ブランドの第1・四半期決算が発表されるのは早くて4月中。「ルイ・ヴィトン」などを傘下に置くLVMHLVMH.PAは、観光客の購入状況についてコメントを差し控えた。

だが、観光客の支出が、少なくても一時的に減少する兆候はすでにでている。アナリストは、世界経済をめぐる懸念や欧州での増税、さらに中国の新しいリーダー、習近平国家主席が賄賂を厳しく取り締まる方針を示したことと関係していると指摘する。

ロイターの3拠点調査では、パリで「ボッテガ・ヴェネタ」、「クロエ」、「クリスチャン・ディオール」、ロンドンで「ロンシャン」、「エルメネジルド・ゼニア」、ミラノでは「ヴァレクストラ」などが、ここ数週間、観光客が減少している、と回答した。

パリ中心部の「ディオール」の販売員は「観光客の購入が減速している。特にアジアの観光客がそうだ」と話す。「2012年の9月、10月までは非常に好調だったが、その後どんどん落ちている」という。

同じくパリ中心部の「グッチ」のブティックでは、店員が手持ち無沙汰にしていた。「今年に入って、目に見えて客足が減った。最近は観光客の来店が減っている」という。

ロイターの調査によると、「シャネル」、「ランバン」、「エス・テー・デュポンDPTP.PA」、「トラサルディ」は好調を保っているようだ。

アナリストは、観光客の需要が減退した場合、最も影響を受けるのが欧州の首都にある「バーバリーBRBY.L」、「グッチ」、「ディオール」などの旗艦店と指摘している。

ロンドンのある高級ブランドアナリストは「観光客の需要減少の影響は既存店売上高に出る」と述べた。このアナリストは、業界関係者から、欧州での販売が低迷していると内々に聞いたという。

値上げが需要を冷やしているケースもある。「ルイ・ヴィトン」はユーロ圏で一部商品を10%値上げした。その他、一時的要因が影響している可能性もある。特に3月に気温が下がると、春・夏物の売れ行きが悪くなるという。

<業績予想引き下げも>

欧州ブランド業界で、観光客の支出が話題になったきっかけは、英ハンドバック製造マルベリーMUL.Lの業績見通し引き下げ。「マルベリー」は、ロンドンでの観光客向け販売の落ち込みを理由に挙げた。

欧州ブランドの多くは、国際的に事業展開し海外売り上げが占める比率が高いが、それでも本国市場は重要だ。

高級ブランドを傘下に置くLVMH、リシュモンCFR.VX、スウォッチUHR.VX、PPRPRTP.PAなどは、総売り上げの30%強が欧州。

英国立統計局によると、昨年末に伸びていた観光客数が1月は1%の減少に転じた。

税金払い戻し業務を手掛けるグローバル・ブルー社のデータによると、イタリアでの観光客からの売上高は、2月が7%増。1─2月の19%、昨年12月の32%増から失速した。

高級バッグで知られる「ヴァレクストラ」のある販売員は「販売減速は予想されていた。現実のものとなっただけ」と話した。

グローバル・ブルー社によると、フランスでの中国人の購入額は2月が38%増。昨年10月(62%増)に比べて伸び率が半分になった。スイスも、良く似た状況という。

さらに参考になるデータがスイス製時計の輸出だ。香港を含む中国向け輸出は2月が27%減と過去3年で最悪。1月は4%増、昨年12月は20%減だった。

スイスの高級時計ブランド「パルミジャーニ・フルリエ」のジャン・マルク・ジャコ最高経営責任者(CEO)は、中国新指導部の汚職取り締まりの動きに触れ「中国の一部の買い手は、時計を購入する場合、一段と慎重にならざるを得ないだろう」と述べた。

(Astrid Wendlandt記者;翻訳 武藤邦子;編集 佐々木美和)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up