for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

現状の財政は持続不可能、歳出入改革が不可欠=日銀総裁

4月16日、日銀の黒田総裁は、今月の金融政策決定会合で一時停止を決定した「日銀券ルール」はいずれ復活させるのかとの質問に対し、「その通り」と答えた。都内で3月撮影(2013年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 16日 ロイター] 日銀の黒田東彦総裁は16日午後の衆院予算委員で、巨額の債務残高を抱える日本の財政状況について「現在のままでは持続可能ではない」と述べ、「歳出・歳入両面の努力が必要だ」と語った。民主党の前原誠司委員の質問に答えた。

黒田総裁は、厳しい財政状況を踏まえて政府も「持続可能な財政構造を確立するための取り組みを着実に推進する、としている」と指摘。2014年4月からの消費税率引き上げについては「経済動向を踏まえて行われると思う」と述べるにとどめた。

日銀が4日に打ち出した「量的・質的金融緩和」では、長期国債の大規模な買い入れに際し、日銀の国債保有を銀行券発行残高以内に抑制する「銀行券ルール」の一次停止を決定した。「いずれ復活させるのか」との質問に対し、黒田総裁は「その通り」と回答。金融緩和の出口戦略については、消費者物価の前年比上昇率がゼロ%近辺の現状で「内容を議論するのは時期尚早」との見解をあらためて示したが、「中央銀行として常に頭に置いている」と語った。

(ロイターニュース 伊藤純夫;編集 田中志保)

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up