for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均5日ぶり大幅反発、上げ幅は今年最大

5月7日、東京株式市場で日経平均は5日ぶり大幅反発。2008年6月以来約4年11カ月ぶりに1万4100円台を回復した。写真は都内で撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 7日 ロイター] 東京株式市場で日経平均は5日ぶり大幅反発。2008年6月以来約4年11カ月ぶりに1万4100円台を回復した。

米景気回復への楽観的な見方が広がり、為替が円安方向に振れるなど外部環境が好転するなか、上げ幅は450円を超え、今年最大となった。TOPIXもリーマンショック前の水準を回復し、日経平均とともに年初来高値を更新した。

大型連休中の海外市場では、米雇用統計の上ぶれや米国株高などを背景に、世界的な景気先行きへの不透明感が後退。欧州中央銀行(ECB)の利下げやドラギECB総裁が追加策を講じる用意があるとの姿勢を示したことも支援材料となり、株式などリスク性資産への資金流入期待が高まった。需給面も引き続き良好で、寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況は41営業日連続の買い越し観測だった。

為替市場では1ドル99円台に円安が進み、業績改善期待から自動車や機械など主力輸出株が堅調。市場では「テクニカル的にドル/円が三角持ち合いで足元は煮詰まった状況にあるため、1ドル100円突破への期待感も高まり、輸出関連株がしっかりだった」(SMBC日興証券・株式調査部部長の西広市氏)という。日経平均の上げ幅は一時500円を超えた。

ソニー6758.Tが年初来高値を更新し東証1部の売買代金トップ。トヨタ自動車7203.Tやコマツ6301.T、キヤノン7751.T、京セラ6971.Tが買われたほか、指数寄与度の大きいファナック6954.Tや、4月の国内ユニクロ事業の既存店売上がさえなかったファーストリテイリング9983.Tも値上がりし、先物買いに伴う裁定取引などが指摘されていた。

個別銘柄では、日立物流9086.Tや三菱ケミカルホールディングス4188.Tが年初来高値を更新。3日付の日本経済新聞による業績報道がそれぞれ材料視された。2014年3月期の2桁増益・増配見通しを発表したフォスター電機6794.Tはストップ高。一方で2013年1―3月期の大幅減益決算を嫌気し、日本マクドナルドホールディングス2702.OSが反落した。

東証1部騰落数は、値上がり1630銘柄に対し、値下がりが62銘柄、変わらずが20銘柄だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up