for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

9月企業向けサービス価格指数は+0.7%、5カ月連続で上昇

10月25日、日銀が公表した9月の企業向けサービス価格指数は96.2となり、前年に比べて0.7%上昇した。都内で2日撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - 日銀が25日公表した9月の企業向けサービス価格指数は96.2となり、前年に比べて0.7%上昇した。前年比プラスとなるのは5カ月連続で、運輸や不動産などが押し上げに寄与した。

5カ月連続の上昇は2008年5月から9月以来。国際運輸を除いたベースでも0.1%上昇となり、同じく0.1%上昇となった8月に続いて2カ月連続のプラスとなった。全137品目のうち上昇は53品目で、下落した47品目を上回っている。

上昇に最も大きく寄与したのは運輸で、寄与度はプラス0.12%ポイント。9月の為替相場が円安気味で推移したことから、不定期船や外航タンカー、外航貨物用船料などが上昇した。中国向けの鉄鉱石や穀物の荷動きが活発だったことも押し上げ要因になった。不動産では、東京を中心に改善傾向にある事務所賃貸の下落幅が縮小。情報通信も一部製造業向け案件などが堅調なソフトウエア開発がマイナス幅を縮小させている。

一方、8月に伸びた諸サービスや広告はマイナスに寄与。土木建築サービスや4媒体広告が下落に転じたほか、夏場の観光シーズンの要因がはく落した宿泊サービスはプラス幅が縮小した。

(伊藤純夫)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up