for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

S&P500終値が初の1800ポイント台、バイオジェン急騰

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 22日の米国株式市場は続伸。前日のダウ平均の1万6000ドル台引けに続き、この日はS&P500が終値で初めて1800ポイントを超えた。

11月22日、米国株式市場は続伸。前日のダウ平均の1万6000ドル台引けに続き、この日はS&P500が終値で初めて1800ポイントを超えた。写真はニューヨーク証券取引所で撮影(2013年 ロイター/Brendan McDermid)

ダウ工業株30種.DJIは54.78ドル(0.34%)高の1万6064.77ドル。

ナスダック総合指数.IXICは22.50ポイント(0.57%)高の3991.65。

S&P総合500種.SPXは8.91ポイント(0.50%)高の1804.76。

週間ではダウ、S&P500がともに7週連続で値上がりした。単月では1950年以来の好成績を記録しているという。

ハイタワー・サンディエゴのマネジングディレクター兼パートナー、ドリュー・ノードリクト氏は「顧客には年末まで相場上昇の波に乗るよう推奨している」と述べた。

バイオ医薬品大手のバイオジェン・アイデックBIIB.Oが13.2%急騰。多発性硬化症(MS)経口治療薬「テクフィデラ」(一般名:フマル酸ジメチル)について、欧州医薬品庁(EMA)が22日、新有効成分(NAS)への指定に関して肯定的な見解を示し、同剤は欧州で10年間の特許権が得られる見込みとなったことが材料となった。ナスダックバイオ株.NBIは3%高。

S&P500ヘルスケア株指数.SPXHCは年初以降37.5%値上がりしており、業種別では今年トップの成績となっている。

アトランタ地区連銀のロックハート総裁は22日、CNBCとのインタビューで資産買い入れ縮小について、12月17─18日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)で検討されるとの考えを示した。また量的緩和の縮小に着手した後もFRBの金融政策はかなりの期間、緩和的な公算が大きいとし、数年続く可能性があると述べた。

こうしたなか、半導体のインテルINTC.Oは5.4%安と下げがきつい。

インテル幹部は前日の投資家向け説明会で、スマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)やタブレット端末などの急速な需要拡大による影響を過小評価していたことを認め、クルザニッチ最高経営責任者(CEO)は、受託製造事業を拡大しタブレット端末向けの半導体を開発する計画を明らかにした。ただ一部アナリストの間では、インテルは高速通信「LTE」に対応したモバイル端末向けの半導体市場を席巻できるほどの技術は持っていないため、こうした動きで利益率が悪化する可能性があるとの見方が出ている。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

終値         16064.77(+ 54.78)

前営業日終値    16009.99(+109.17)

ナスダック総合.IXIC

終値         3991.65(+22.50)

前営業日終値    3969.15(+47.88)

S&P総合500種.SPX

終値         1804.76(+ 8.91)

前営業日終値    1795.85(+14.48)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up