for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヘッジファンド、それほどリスク高くない可能性も=米財務省

[ワシントン 16日 ロイター] -米財務省のバーナー金融調査局長は16日、ヘッジファンドが従来考えられていたほどリスクの高い戦略をとっていない可能性があるとの暫定的な分析結果を明らかにした。

分析はヘッジファンドのレバレッジ水準、リスク評価モデル、評価が困難な資産の保有高などを基に進めた。同局の調査報告書は、金融機関の規制強化をめぐる議論に影響を及ぼす可能性がある。

米政府は、2010年の金融規制改革法で、一部の大手民間ファンドに規制当局への情報提供を義務付けており、金融調査局はヘッジファンドの情報を多数入手できる。

ブルッキングス研究所で講演したバーナー局長は「今回の調査結果は、まだ非常に暫定的なものであるが、典型的なヘッジファンドがリスクの高い戦略をとっているとの認識に反するようだ」と発言。ただ、「今回の結果はまだ非常に暫定的なものであることを強調しておきたい」と付け加えた。

分析結果の詳細は未公表。金融調査局は金融規制改革法で設置が決まった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up