for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米緩和マネーを改革に利用した国、堅調さ維持へ=ダラス連銀総裁

[フォートワース(米テキサス州) 31日 ロイター] -米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁は31日、メキシコやポーランドなど、連邦準備理事会(FRB)の量的緩和政策がもたらした「緩和マネー」を経済改革に用いた国は、米緩和策縮小後も堅調さを維持するとの見解を示した。

反面、ブラジルなど、緩和マネーが消費押し上げに向かった国は、今後厳しい局面を迎える可能性があると語った。

FRBによる緩和縮小継続の決定は、一部市場を揺るがしたものの、フィッシャー総裁は米金融政策は他の国のニーズに応じて策定されないとし、「世界の中銀の役割を務めることは、FRBの権限の範囲外」と語った。

フィッシャー総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up