for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

新興国混乱でもQE早期終了目指す=米ダラス連銀総裁

1月31日、米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁は、FRBの緩和縮小ペースに満足しているとし、年内に量的緩和を終了するとの見方を示した。ワシントンで昨年1月撮影(2014年 ロイター/Jose Luis Magana)

[フォースワース(米テキサス州) 31日 ロイター] -米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁は31日、連邦準備理事会(FRB)の緩和縮小ペースに満足しているとし、年内に量的緩和(QE)を終了するとの見方を示した。

総裁は講演後、記者団に対し「個人的には、米連邦公開市場委員会(FOMC)全員の見解が、私の従来の見解に近づいていることに満足している」と述べた。

米経済にとり最善の利益は、資産買い入れをできる限り早期に終了することだと指摘し、FRBが米経済にとって最善の行動を取ることを新興国の混乱によって妨げるられることがあってはならないとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up