for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正:米当局がマツダ「CX―9」への予備調査開始、ブレーキ不具合の疑い

2月14日、米道路交通安全局(NHTSA)は、ブレーキに不具合のある可能性があるとして、マツダの大型クロスオーバー車「CX―9」に関する予備調査に着手したと明らかにした。写真はマツダのロゴ。都内の販売店で2012年3月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[デトロイト 14日 ロイター] - 米道路交通安全局(NHTSA)は、ブレーキに不具合のある可能性があるとして、マツダ7261.Tの大型クロスオーバー車「CX―9」(訂正)に関する予備調査に着手したと明らかにした。

2010、および2011年型モデルの推定6万2319台が対象となる。

NHTSAによると、ブレーキのペダルが急に重くなり、車を停止するのに一段の力を要したなどの苦情が寄せられた。

マツダの広報担当は、NHTSAの調査に協力しているとしている。

*見出しと本文、写真キャプションの「CX―5」を「CX―9」に訂正して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up