for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

円安、日本の輸出拡大に直結せず=山崎財務省国際局長

[ソウル 18日 ロイター] -財務省の山崎達雄国際局長は18日、円安が日本の輸出を直接拡大させる状況にはもはやない、との認識を示した。日本の大手製造業の多くが生産を海外に移したためと説明した。ソウルで開かれた会議で述べた。

円安は国内産業の競争力強化に直接にはつながらないとし、円安が日本の輸出量を拡大させるとの理論はもはや当てはまらないと述べた。

同局長は、日銀の積極的な金融緩和を受けて円が対ドルで大幅に下落しても、日本の輸出量は増加しなかったと分析。実際、輸出は昨年、実質国内総生産(GDP)成長への寄与がマイナスだったと指摘した。

また、日本がさまざまな2国間通貨スワップ協定を締結していることや、金融緩和後に海外への直接投資(FDI)が増加したことを指摘。これが世界の金融市場の安定に貢献し、米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和縮小の影響を和らげた面もあるとの見方を示した。

FRBの緩和縮小については、米経済の着実な回復が背景にあると広く考えられており、それは歓迎すべきことだと指摘。その一方で、大国が金融政策を変更する際には、注意深く行うことが肝要とも述べた。

同局長は、今週末にシドニーで開催される20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、経済の安定維持のために新興国がどういった措置をとるべきか、などがテーマになる見通しとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up