for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独連銀と中国人民銀行、人民元決済に関する協定で合意

[フランクフルト 28日 ロイター] -ドイツ連銀は28日、中国人民銀行(中央銀行)との間で人民元の決済に関する合意文書に調印したと発表した。これにより、人民元取引においてフランクフルトが欧州大陸初の決済センターとなる。

覚書の調印は、同日の習近平国家主席のドイツ訪問時に行われた。英国も31日に同様の合意文書に調印する予定。

独連銀のティーレ理事は「協定により、ドイツの実体経済にとって人民元の決済は大幅に簡便となり、中国との連携強化において大きな一歩につながるだろう」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up