March 19, 2019 / 3:38 AM / a month ago

コラム:欧州エアバス、737MAX停止でも上昇気流に乗れず

[ロンドン 18日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米航空機大手ボーイング(BA.N)は、5カ月間で2度の墜落事故が起きた新小型旅客機「737MAX8」の航空会社への納入が停止する恐れがあり、理屈の上ではボーイングのライバルの欧州航空機大手エアバス(AIR.PA)に追い風が吹きそうだ。

 3月18日、米航空機大手ボーイングは、5カ月間で2度の墜落事故が起きた新小型旅客機「737MAX8」の航空会社への納入が停止する恐れがあり、理屈の上ではボーイングのライバルの欧州航空機大手エアバスに追い風が吹きそうだ。写真はエアバスA330─200。ジャカルタ近郊のスカルノハッタ国際空港で13日撮影(2019年 ロイター/Willy Kurniawan)

しかし残念ながら、エアバスは、生産ラインが既にフル稼働の状態で、受注も数年分に達しており、敵失に乗じた大幅な増産は見込み難いのが実情だ。

航空機市場で圧倒的なシェアを握るボーイングとエアバスは、常に互いの動きに目を光らせている。その好例がエアバスの新型旅客機「A320neo」を巡る動きだ。座席数200のA320neoは最先端のエンジン2基を搭載し、燃費が15%改善。コストに敏感になっている航空会社がA320neoに飛び付いたことから、ボーイングも中距離用旅客機737に同じエンジンを導入した。こうして誕生した737MAX8は2017年に商業利用が始まり、たちまち最大の売れ筋となった。

ボーイングが4600機の受注を抱える737MAX8で事故が連続した衝撃は、今月10日のエチオピア航空機墜落後にボーイングの株式時価総額が230億ドル吹き飛んだことにも表れている。737MAX8が完全な製造停止にならないとしても、ボーイングにとっての逆風はエアバスにとって追い風だ。格安航空のライアンエアーが135機の購入を予定するなど、航空会社は737に大量の発注をかけており、今回の事故で不安を感じれば、購入先を別のメーカーに切り替えることになるだろう。

しかし、エアバスは株価がエチオピア航空機事故以来、5%以上値上がりしたとはいえ、時価総額の増加分は50億ユーロ弱にとどまっている。航空会社は航空機の購入先を変えれば違約金を支払うことになり、エアバスは魔法のように数百機もの新航空機を製造することはできない。A320neoは受注が3600機に達し、生産ラインはフル稼働している。毎月50機を生産しているが、それでも受注分をこなすのに6年ほどかかる計算だ。

生産ラインの拡張には数年と多額の投資が必要だが、ボーイングはそれまでに問題への手当てを終えるだろう。航空会社がボーイング機に不安を感じてメーカーを変えても、6年の行列の最後に並ばされるだけに終わりそうだ。今回の墜落事故はエアバスにとって強い上昇気流とはならず、世界中で航空機の供給が減るだけとなるのではないか。

●背景となるニュース

・エチオピア運輸省は17日、同国で10日に墜落したエチオピア航空の米ボーイング製737MAX8型機から回収したブラックボックスの初期解析を行ったところ、今回の事故と昨年10月のライオン航空機事故との間に「明確な類似性があった」と発表した。

・各国の当局は安全性を巡る懸念から737MAX8の運航を停止。ボーイングは信用が失墜して株価が急落した。

・ボーイングのライバルである欧州航空機大手エアバスはエチオピア航空機事故以来、株価が5.6%上昇し、15日に過去最高値を更新。株式時価総額が48億ユーロ膨らんだ。一方、ボーイングの株価はこの間に10.3%下落し、250億ドルの時価総額が吹き飛んだ。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below