for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ディズニーの動画配信事業トップ、TikTokのCEOに

[18日 ロイター] - 米娯楽大手、ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「ディズニー・プラス」を統括してきたケビン・メイヤー氏は、ディズニーを離れ、中国の北京字節跳動科技(バイトダンス・テクノロジー)の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の最高経営責任者(CEO)に就任する。両社が18日発表した。

メイヤー氏は昨年11月のディズニー・プラスのサービス開始を成功に導いたが、ディズニーが今年2月に発表したCEO人事で次期CEOに指名されなかった。

ディズニーはダイレクト・トゥー・コンシューマー&インターナショナル部門のトップだったメイヤー氏の後任に、レベッカ・キャンベル氏を指名した。

ティックトックは若者の間で人気が高いが、運営会社が中国企業であることから、米政府と議員は安全保障面などへの懸念を示している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up