March 2, 2018 / 5:57 PM / 8 months ago

カナダGDP、第4四半期は1.7%増 予想届かず

[オタワ 2日 ロイター] - カナダ統計局が2日発表した2017年第4・四半期の国内総生産(GDP)は年率換算で前期比1.7%増と、市場予想の2.0%増に届かなかった。

住宅ローン審査基準の厳格化を前に、住宅購入の動きが活発化した。一方で在庫の積み増しペースが減速した。

カナダ銀行(中央銀行)は来週の会合で、金利を据え置くとの見方が広がりそうだ。

第3・四半期GDPは当初発表の1.7%増から1.5%増へ下方改定された。

17年12月のGDPは0.1%増にとどまり、年明けに向けて経済成長のペースが落ちていたことを示す。

統計を受け、カナダドルは対米ドルで10週間ぶり安値をつけた後、下げ幅を縮小した。

昨年全体のGDP成長率は3%と、2011年以来の高水準となった。最初の2四半期の成長率が年率で4%以上だったことが大きい。

BMOキャピタル・マーケッツの首席エコノミストは「2016年年央から17年年央にかけてみられた急ピッチの成長が、間違いなく終わった」と指摘。成長率が2%前後にとどまる公算が大きいなどと分析した。

設備投資は年率で9.5%増だった。中古住宅販売と新築住宅建設が増える中で住宅投資が好調だった。

カナダ金融庁は住宅購入者がより高い金利に対応できるように18年から住宅ローンを組む際の審査基準を厳しくした。規制強化を控え昨年末にかけ住宅購入の動きが増えた。機械や機器の投資も増えた。航空機やその他の輸送機器の増加が顕著だった。

家計消費も景気を後押しした。ただ、企業在庫の積み増しペースが前四半期から落ち、成長の重しとなった。

輸出は増えた。化学製品と木材、自動車関連の輸出の増加が目立った。

第4・四半期の成長率は中銀見通し(2.5%)を大きく下回ったが、エコノミストらは向こう数カ月中の追加利上げを引き続き予想している。

RBCのアシスタント首席エコノミストは「(中銀は)この一段と緩やかな成長率の維持を確実にしようとするだろう。最終的には追加引き締めに踏み切るとみられる」と話した。

市場は5月の利上げ確率を72%、7月利上げは完全に織り込んでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below