for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

内閣不信任案を否決=衆院本会議

 6月9日、衆院は本会議で、立憲民主党が提出した岸田文雄内閣に対する不信任決議案を否決した。東京都で2016年7月撮影(2022年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - 衆院は9日の本会議で、立憲民主党が提出した岸田文雄内閣に対する不信任決議案を否決した。

立憲の泉健太代表は不信任案提出の理由として、物価高対策や補正予算規模が不十分である点などを挙げ、「円安放置の岸田内閣で20年ぶりに134円台の水準となり、岸田インフレ、黒田円安が起きている」と説明。「国民が実感したのは成長の果実でなく、物価高や格差と分断」と批判した。

不信任案の提出は2年連続。

自民党の茂木敏充幹事長は8日の記者会見で「参議院選が間近だからといって、選挙目当てで不信任案を提出することになったら、立憲民主党への国民の目は一層厳しくなるのではないか」と述べていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up