May 18, 2018 / 2:12 AM / 10 days ago

英ロイヤルウエディングのケーキ、伝統破る一味違ったものに

[ロンドン 18日 ロイター] - 19日に迫った英国のヘンリー王子と米女優メーガン・マークルさんの結婚式で供されるウエディングケーキを依頼されたクレア・プタックさんは、6人の職人が5日間かけてケーキを準備、伝統にとらわれないものに仕上がったと述べた。

 5月18日、19日に迫った英国のヘンリー王子と米女優メーガン・マークルさんの結婚式で供されるウエディングケーキを依頼されたクレア・プタックさん(写真)は、6人の職人が5日間かけてケーキを準備、伝統にとらわれないものに仕上がったと述べた。写真は17日代表撮影(2018年 ロイター/Hannah McKay)

プタックさんは、ケーキは伝統的なものよりも「インスタレーション」があると述べたが、詳細は明かさなかった。

ヘンリー王子とマークルさんは、伝統的なフルーツケーキではなく、レモンとエルダーフラワーのケーキにバタークリームを乗せて生花で飾り付けするケーキを選んだ。

プタックさんはカリフォルニア州出身で、米国の著名シェフ、アリス・ウォータースさんの「シェ・パニース」で働いた後、ロンドンに移った。ロンドンでは自宅で焼いたケーキをブロードウェイ・マーケットの露店で売ることから始め、2010年に自分の店「バイオレット」を開店した。

「ヘンリー王子とマークルさんからウェディングケーキ作りを頼まれるなんて本当に光栄です。子供のころからケーキ作りをしてきた私にとって、これは夢でした」とプタックさんは述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below