November 13, 2018 / 2:00 AM / a month ago

米加州火事、約230人が行方不明 死者31人でさらに増える可能性も

 11月12日、米西部カリフォルニア州で発生した大規模な山火事で救助当局は、安否不明になっている約230人の捜索を行った。山火事で被害を受けた家屋。カリフォルニアで撮影(2018年 ロイター/ERIC THAYER)

[パラダイス(米カリフォルニア州) 12日 ロイター] - 米西部カリフォルニア州で発生した大規模な山火事で救助当局は12日、安否不明になっている約230人の捜索を行った。風が再び強まり火勢があおられていることから、地元当局は犠牲者の数がさらに増える恐れがあると指摘している。

大規模な山火事による被害のほとんどはサンフランシスコから280キロ北に位置するビュート郡パラダイスで発生。同郡では6700以上の家屋や建物が被害を受けており、建物の被害件数としては同州で過去最悪となった。

12日時点でさらに1万5000の建物が危険にさらされていると報告されている。

地元当局はこれまで、29人が死亡したと確認。カリフォルニア州北部の山火事による死者数では過去最大で、州全体でも、過去最多の犠牲者を出した、1933年にロサンゼルスの自然公園グリフィスパークで起きた火事と死者数が並んだ。

当局はまた、州南部のロサンゼルス近郊マリブ市で発生した別の山火事で、2人が死亡したと発表。この火事では370の建物が被害を受け、20万人が避難した。

カリフォルニア州森林保護防火局によると、ビュート郡とマリブ市の山火事と州南部で起きた複数の小規模な火事を合わせると22万4000人以上が避難した。約8000人の消防隊員が消火に当たっているという。

ブラウン州知事(民主党)はトランプ大統領に対し、緊急対応の強化と市民の復興支援に向けて、大規模災害を宣言するよう要請。トランプ氏は同州の森林管理に問題があると批判した。トランプ氏は移民などの問題でカリフォルニア州をたびたび、やり玉に挙げている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below