August 19, 2016 / 8:01 AM / 2 years ago

米加州議員、排ガスゼロ車15%義務づける法案を撤回へ

[サンフランシスコ 18日 ロイター] - 米カリフォルニア州下院議員が18日、2025年までに同州で販売する車の15%をZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)にするように義務づける法案を撤回すると発表した。自動車メーカーや石油産業、労働団体からの強い反対が理由だとした。

 8月18日、米カリフォルニア州下院議員が、2025年までに同州で販売する車の15%をZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)にするように義務づける法案を撤回すると発表した。写真はカリフォルニア州サンディエゴで撮影(2016年 ロイター/Mike Blake)

法案を準備したオータム・バーク下院議員の広報担当者は「法案への理解を求めたが、対立を乗り越える十分な時間がなかった」とロイターへの電子メールで述べた。

バーク議員は利害関係者らと会談し、2017年に修正した法案をあらためて上程する考えだという。

これにより、同州のZEV推進プログラムが影響を受けることはない。カリフォルニア州大気資源局(CARB)は数年前からZEVの商用化を加速させるプログラムを進めてきた。同州では2025年までにZEVを150万台走らせる目標を掲げている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below