for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エア・カナダ、47億ドルの公的支援で加政府と合意

[オタワ/モントリオール 12日 ロイター] - カナダ航空最大手エア・カナダは12日、カナダ政府と最大59億カナダドル(46億9000万米ドル)の公的支援について合意に達した。双方が発表した。新型コロナウイルスの影響で利用客は急減しており、救済が必要となっていた。

エア・カナダによると、支援の一環として、エアバスの旅客機「A220」33機とボーイングの旅客機「737MAX」40機の購入を計画通り進める。

カナダ財務省は声明で「この支援策はエア・カナダが現在の景気落ち込みを乗り越える一助となり、何千人もの国内雇用も守られる」と説明した。

エア・カナダは昨年、全従業員の半数以上に当たる2万人の削減を行った。同社や他の地域航空会社は何カ月も前から政府と支援策の交渉を行ってきた。

財務省は、他の航空会社とは依然、交渉中だと説明した。

エア・カナダによると、支援策は借り入れや株式発行による資金調達で構成されており、政府は5億カナダドル相当の株式を取得し、同社全体の約6%を保有することが可能になる。

また、配当の支払いや自社株買いについては制限を受け入れるとした。幹部の報酬についても上限が設定され、従業員数は現在の1万4859人から減少することはないと説明した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up