December 10, 2019 / 9:14 PM / 2 months ago

カナダ、国内行の資本要件引き上げ 債務増大のリスクに対応

[10日 ロイター] - カナダ金融機関監督庁(OSFI)は10日、家計と企業の債務が過去最高水準に迫る中、潜在リスクへの対応に向け銀行資本要件を強化すると発表した。

来年4月30日付で、銀行に対しリスクの度合いで調整した資産の2.25%にあたる資本の保有を義務付ける。同比率は現在は2%となっている。OSFIは2018年6月に国内安定バッファー(DSB)を1.5%に設定。以来、年に2回の見直しで毎回25ベーシスポイント(bp)の引き上げを決定してきた。

今回の引き上げにより、銀行に義務付けられる普通株式等Tier1(CETI1)資本比率は少なくとも10.25%になる。

カナダの大手行のノバスコシア銀行(BNS.TO)、モントリオール銀行(BMO.TO)、カナディアン・インペリアル商業銀行(CM.TO)、カナダ・ナショナル銀行(NA.TO)、カナダロイヤル銀行RBC.TO、トロント・ドミニオン銀行(TD.TO)はすべてこの水準をクリアしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below