for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カナダのインフレ率は高過ぎる、リスクは上方に傾斜=中銀

 6月22日、カナダ中央銀行のキャロリン・ロジャーズ上級副総裁は、国内インフレ率は高過ぎる水準にあると指摘し、7月の政策会合で75bpの利上げを行う可能性を排除しなかった。写真はオタワの同中銀。2017年5月撮影(2022年 ロイター/Chris Wattie)

[オタワ 22日 ロイター] - カナダ中央銀行のキャロリン・ロジャーズ上級副総裁は22日、国内インフレ率は高過ぎる水準にあると指摘し、7月の政策会合で75ベーシスポイント(bp)の利上げを行う可能性を排除しなかった。

グローブ・アンド・メール紙主催イベントで「インフレに関してリスクバランスは上方に大きく傾いている。最も重要なことは、インフレ率を目標値に戻すことだ」と語った。

次回政策会合での75bpの利上げを意味することになるのかとの質問に対して、その可能性は排除しなかった。

「7月の決定については、7月になれば分かる」と述べ「われわれはこれまでも明確にしてきた、経済は需要過多でインフレ率は高過ぎる水準にあり、金利は上昇する必要がある 」と述べた。

この日発表されたカナダの5月消費者物価指数(CPI)は、前年比上昇率が7.7%と、4月の6.8%上昇から加速し、1983年1月以来約40年ぶりの大幅上昇を記録した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up