for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カナダ経済、ワクチン次第では想定より早期に回復=中銀総裁

カナダ銀行(中央銀行)のマックレム総裁は26日、新型コロナウイルスワクチンに関する最近のニュースは有望だが、感染者数は引き続き増加しており、国内経済の回復は厳しいものになるとの見方を改めて示した。オタワで2018年4月撮影(2020年 ロイター/Chris Wattie)

[オタワ 26日 ロイター] - カナダ銀行(中央銀行)のマックレム総裁は26日、新型コロナウイルスのワクチン接種が順調に進めば個人消費が上向き、国内経済は想定よりも早期に回復するとの見通しを示した。

ただ、感染第2波により景気が悪化すれば、既に過去最低の政策金利をさらに引き下げる可能性があるとも指摘した。

中銀は10月下旬、新型コロナのワクチンは2022年半ばまでは多くの人に供給されることはないとの見方を示していた。ただ、それ以降、複数のワクチン候補で高い有効性が確認され、来年初めにも供給が始まる可能性が高まった。

総裁は下院財政委員会での質疑応答で「ワクチンが確保できれば、家計消費はわれわれの想定よりも増え、それに伴い景気もより急速に回復する」との見方を示した。また、最近のワクチンに関するニュースを受けて、今後が期待できるとした。

中銀は10月下旬、国内経済は2023年に入ってからでないと完全には回復しないと予測していたが、総裁はこの日の議会証言冒頭でもこの予測をあらためて示した。

回復への道のりにはリスクもあると指摘。現行の0.25%の政策金利について、マイナス金利を導入することなく若干引き下げることが可能だと説明。また、マイナス金利は有益ではないとの考えを再度示した。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up