for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カナダ雇用、8月の伸び鈍化 失業率は10.2%に改善

 4日、カナダ統計局が発表した8月の雇用統計は、雇用者数が24万5800人増と4カ月連続で増加した。写真は2019年10月撮影(2020年 ロイター/Stephane Mahe)

[オタワ 4日 ロイター] - カナダ統計局が4日発表した8月の雇用統計は、雇用者数が24万5800人増と4カ月連続で増加した。ただ、増加ペースは鈍化し、市場予想の27万5000人増も下回った。

失業率は10.2%に改善。予想は10.1%だった。就職を希望しているものの職探しをしていない人を含めると、失業率は13.0%だった。

フルタイム雇用が20万5800人、パートタイムが4万人、それぞれ増加。生産部門が2万7600人増、サービス部門が21万8100人増だった。

一方、非白人の失業率が引き続き高く、アラブ系は17.9%、黒人は17.6%となった。

BMOキャピタル・マーケッツのチーフエコノミスト、ダグ・ポーター氏は「3─4月の急減分を回復するには長い道のりになるが、今回の指標は正しい方向へのさらなる大きな一歩だ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up