Reuters logo
UPDATE 1-カナダ8月雇用者数予想上回る、賃金上昇加速
2017年9月10日 / 23:13 / 13日前

UPDATE 1-カナダ8月雇用者数予想上回る、賃金上昇加速

(情報を追加します)

[オタワ 8日 ロイター] - カナダ統計局が8日発表した8月の雇用者数は2万2200人増と、増加幅が市場予想の1万9000人を上回った。パートタイムの伸びが雇用者数を押し上げた。失業率は6.2%と、7月の6.3%から低下し、2008年10月以来の低水準まで改善した。

平均時給は前年同月比1.7%増と、16年10月以来の大幅な増加だった。賃金の伸びがいくぶん改善することを示唆した。ここ1年間は労働市場が勢いを増す中でも賃金の伸びが抑制されていた。

雇用者数の内訳はパートタイム雇用が11万400人増。一方、フルタイム雇用は8万8100人減少した。

部門別ではサービスが金融と保険、不動産業で1万4600人増加した。輸送と倉庫業は9800人増、宿泊と食品産業は8900人増だった。

賃金上昇加速についてロイヤル・バンク・オブ・カナダのアシスタント・チーフエコノミスト、ポール・ファーリー氏は「物価上昇圧力が高まり始めたことがうかがえる。カナダ銀行(中央銀行)の利上げが正当化されるのは間違いない」と述べた。

中銀は6日の会合で今年2回目の利上げを実施するとともに、さらなる利上げに含みを持たせている。

市場が織り込む12月の利上げ確率は、8月雇用統計発表直前の57%から76.2%に上昇した。10月の確率は約35%。

スコシアバンクの資本市場経済責任者デレク・ホルト氏は、8月雇用統計で重要な要素は賃金の伸びで、自身の12月利上げ予想が裏付けられたと指摘。「かなりしっかりした賃金上昇だ。来年には伸びが2.5─3%になる流れにあると思う」と話した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below