for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カナダ第2四半期GDPは3.3%増、予想下回る 7月速報値は縮小

カナダ統計局が31日発表した2022年第2・四半期の国内総生産(GDP)は年率換算で前期比3.3%増となり、カナダ銀行(中央銀行)の予想(4.0%増)やアナリスト予想(4.4%増)を大幅に下回った。7月28日撮影(2022年 ロイター/Carlos Osorio/File Photo)

[オタワ 31日 ロイター] - カナダ統計局が31日発表した2022年第2・四半期の国内総生産(GDP)は年率換算で前期比3.3%増となり、カナダ銀行(中央銀行)の予想(4.0%増)やアナリスト予想(4.4%増)を大幅に下回った。

7月の実質GDP速報値は0.1%減と、6月の0.1%増から一転減少に転じた。7月は製造業、卸売業、小売業、公益事業が押し下げたという。

デジャルダン・グループのチーフエコノミスト、ジミー・ジャン氏は「経済の軟化を示唆した。おそらくわれわれの想定よりも早く軟化している」と述べた。

一方、BMOキャピタル・マーケッツのチーフ・エコノミスト、ダグ・ポーター氏は「カナダ銀行にとって、あまり大きな変化ではない。カナダ銀行の目標は、何よりもインフレであり、たとえ成長率が予想を少し下回ったとしても、安心はできない」と語った。

第2・四半期の成長は、企業の在庫投資と家計消費が牽引した。統計局によると、オフィス再開を受けて衣類や靴への支出が増えたほか、新型コロナウイルス規制が緩和される中で旅行が増加したという。

一方、輸入の伸びが輸出を上回ったほか、住宅への投資も大幅に減少。過熱していたカナダの不動産市場は金利上昇が逆風となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up