January 22, 2020 / 6:45 PM / a month ago

カナダCPI、12月は2.2%上昇 エネルギー価格の伸び目立つ

カナダ統計局が22日発表した2019年12月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比2.2%上昇と伸び率は11月から横ばいだった。トロントで2018年5月撮影(2020年 ロイター/CARLO ALLEGRI)

[オタワ 22日 ロイター] - カナダ統計局が22日発表した2019年12月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比2.2%上昇と伸び率は11月から横ばいだった。食料品や自動車の伸びが鈍化する一方、エネルギー価格の上昇が目立った。

12月のCPI上昇率はロイターのアナリスト予想に一致した。エネルギー価格は5.5%上昇。11月は1.5%上昇していた。

中銀が景気の伸び悩みを判断する際に最も重視する共通値は2.0%上昇。一方、中央値は2.2%上昇。上下に外れた値を省くトリム値は2.1%上昇だった。

スコシアバンクの資本市場経済部門バイスプレジデント、デレク・ホルト氏は「予想していたよりもコアインフレ圧力が低下しており、今後も低下が強まるだろう」と述べた。

19年のCPIは平均で1.9%上昇と18年の2.3%上昇から鈍化した。

19年は住宅ローンの支払利息が7.6%上昇した一方、ガソリン価格が6.1%下落。生鮮野菜は12.7%上昇した。

同日発表された12月の新築住宅価格指数は0.2%上昇。オタワでの上昇が寄与したほか、トロントでも0.2%、バンクーバーでは0.4%それぞれ上昇した。

また11月の卸売売上高は1.2%減少。自動車および自動車部品などの減少が響いた。卸売在庫は0.4%増、卸売売上数量は0.9%減だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below