December 18, 2019 / 4:18 PM / 8 months ago

カナダCPI、11月は2.2%上昇へ加速 エネルギー値上がりで

[オタワ 18日 ロイター] - カナダ統計局が18日発表した11月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比2.2%上昇した。エネルギーの値上がりが全体水準を押し上げた。市場予想と一致した。

モノは2.3%、サービスは1.9%それぞれ上昇した。

発表を受け、カナダドルは1米ドル=1.3127カナダドルに上昇し、7週間ぶりの高値に迫った。

主要国の中銀が金融緩和策を進める中でも、カナダ銀行(中央銀行)は2018年10月以降、様子見姿勢を保っている。12月も政策金利を据え置いた。中銀は、ガソリンが前年比で値上がりしているため、向こう数カ月間で一時的に物価上昇圧力が増す可能性があると述べた。それでも尚、向こう2年間で物価は目標である2%近辺を推移するとの見通しを示した。

CPIの内訳は、エネルギーが前年同月比1.5%上昇した。10月は2.9%下落していた。11月はガソリンの値上がりが主な上昇要因だった。食肉は5.2%上昇。5カ月連続で4.0%を超える値上がりだった。

中銀が景気の伸び悩みを判断する際に最も重視するCPIコモンは前年同月比1.9%上昇した。CPI中央値は2.4%上昇。上下に外れた値を省くCPIトリムは2.2%上昇だった。

BMOのチーフエコノミスト、ダグ・ポーター氏はCPI中央値の伸びが10年ぶりの大きさだったとし、「コアインフレに緩やかながら持続的な上昇が幾分みられる」と指摘。またカナダ中銀は2%をやや上回るCPIを容認する可能性が高いが、インフレ率の伸びが大き過ぎる場合には中銀は抑制策を検討する必要があると述べた。

TDセキュリティーズのマクロストラテジスト、ロバート・ボス氏は「今回のCPIの上昇はベース効果に起因するため、カナダ中銀は見て見ぬふりをすることが可能だが、コアインフレを見る限り、足元の環境下での利下げは難しい」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below