May 20, 2020 / 5:21 PM / 17 days ago

カナダCPI、4月は0.2%下落 9年半ぶりマイナス

カナダ統計局が20日発表した4月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比0.2%下落と、2009年9月(0.9%下落)以降で初のマイナスとなった。トロントで3月撮影(2020年 ロイター/CHRIS HELGREN)

[オタワ 20日 ロイター] - カナダ統計局が20日発表した4月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比0.2%下落と、2009年9月(0.9%下落)以降で初のマイナスとなった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、エネルギー価格が下落した。

アナリスト予想は0.1%下落だった。3月は0.9%上昇していた。

エネルギー価格除くCPIは4月に1.6%上昇した。

エネルギー価格は前年同月比23.7%下落。ガソリン価格は39.3%下落と、過去最大の落ち込みだった。

一方、食品価格は同3.4%上昇。コメや卵、マーガリンなどの需要が高まった。

RBCエコノミクスのシニアエコノミスト、ジョシュ・ナイ氏は「現時点では必需品の価格が重要で、(消費者にとっては)ガソリン価格が値下がりしても、食品価格の値上がりによる打撃の方が大きい」と述べた。

中銀が景気の伸び悩みを判断する際に最も重視するCPIコモンは3月の1.7%上昇から1.6%上昇に鈍化。CPI中央値は2.0%上昇と、伸びは3月から横ばいだった。上下に外れた値を省くトリム値も1.8%上昇で変わらずだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below