July 22, 2020 / 3:45 PM / 18 days ago

カナダCPI、6月は0.7%上昇 9年超ぶりの大幅な伸び

カナダ統計局が22日発表した6月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比0.7%上昇と、伸び率は9年超ぶりの大きさとなった。オンタリオ州コリンウッドで2017年7月撮影(2020年 ロイター/CHRIS HELGREN)

[オタワ 22日 ロイター] - カナダ統計局が22日発表した6月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比0.7%上昇と、伸び率は9年超ぶりの大きさとなった。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制する制限措置が解除されたことが寄与した。

アナリスト予想の0.3%上昇を上回ったが、カナダ中銀の目標である2%を依然として大幅に下回っている。5月は0.4%下落していた。

CIBCキャピタル・マーケッツのシニアエコノミスト、ロイス・メンデス氏は「4月にはさまざまな形でほぼ完全に閉鎖されていた経済がここ数カ月で回復し始めていることと一致している」と述べた。

中銀が景気の伸び悩みを判断する際に最も重視するCPIコモンは1.5%上昇。5月は1.4%上昇だった。

統計局によると、エネルギーや食料品、乗用車、服飾品、靴などの価格が回復した。

ガソリン価格は15.7%下落。5月は29.8%下落だった。企業や公共サービスの段階的な再開に伴い需要が増加した。

食肉価格は8.1%上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below