May 14, 2020 / 5:15 PM / 23 days ago

カナダ製造業売上高、3月は11年超ぶり大幅減 4月も一段悪化の見方

[オタワ 14日 ロイター] - カナダ統計局が14日発表した3月の製造業売上高は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により多くの企業が事業閉鎖を強いられる中、前月比9.2%減と、2008年12月以来、11年3カ月ぶりの大幅な落ち込みとなった。4月は一段と悪化する見込みだ。市場予想は5.7%減だった。

売上高は21業種のうち17業種で減少。

RBCの上級エコノミスト、ネーサン・ジャンゼン氏は「4月は、月を通して封鎖措置が導入されていたことからモノの売り上げへの波及が加速し、指標が大幅に悪化するだろう」と述べた。

製造業部門の4分の3以上の企業が、封鎖措置によって事業が打撃を受けたと回答した。

カナダ統計局は「今後も需要が低迷するほか、世界の供給網の混乱やソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)は続く。3月の売り上げの低迷は4月も続くだろう」と述べた。

製造業売上高の内訳は、輸送機器が26.5%減。自動車が33.8%減少し、全体水準を押し下げた。石油・石炭製品は32.2%減と3カ月連続で落ち込んだ。

CIBCキャピタルマーケッツの上級エコノミスト、ロイス・メンデス氏は「他部門と比べ総じて打撃が小さかったとみられる製造業の3月の指標は、新型ウイルスの打撃を避けられた事業がごくわずかであることを示している」と語った。

新型ウイルスでの買い占めを受け一部の産業は恩恵を受けた。紙製品は8.4%増、食品は8.2%それぞれ増加した。飲料とたばこは6.7%増だった。

カナダ統計局は「製紙業の売り上げ増加は大方、全国でトイレットペーパーや生理用品が買い占められたことを反映している」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below