July 15, 2020 / 4:55 PM / a month ago

カナダ製造業売上高、5月は最大の伸び コロナ前水準は大幅割れ

[15日 ロイター] - カナダ統計局が15日発表した5月の製造業売上高は前月比10.7%増と、過去最大の伸びを記録した。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるための封鎖措置が導入される前の水準は大幅に下回っている。市場予想は9.5%増だった。

4月の製造業売上高は当初発表の28.5%減から27.9%減へ改定された。過去最大の落ち込みだった。

5月は増加したものの、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)前の2月の水準を28.4%下回っている。アナリストは総じて、製造業売上高が完全に元に戻るまでに少なくとも1年かかるとみている。

CIBCエコノミクスのシニアエコノミスト、ロイス・メンデス氏は「モノの部門が回復するまでの道のりは長そうだ。サービス部門より直面する障壁が少ないことを踏まえると、経済の完全回復までどれだけ遠いかが分かる」と述べた。

カナダは3月中旬に、生活に必須でない事業の大半を閉めたほか、外出禁止を命じた。その後、徐々に経済活動を再開している。

売上高は21業種のうち18業種が増えた。自動車・同部品や石油・石炭製品の増加が目立った。

数量ベースの売り上げは8.8%増だった。

製造業売上高の内訳は、輸送機器が81.7%増。74.9%減と過去最大の落ち込みを記録した4月から幾分回復したものの、自動車・同部品は依然として前年同月比で79.1%減となっている。

在庫・売上高比率はやや低下したものの、パンデミック前の水準は大幅に上回っている。

キャピタル・エコノミクスのアナリスト、スティーブン・ブラウン氏はメモで「売り上げの落ち込みで経営が逼迫していることを踏まえると、企業は向こう数カ月間で在庫を使い切り、回復の重しになる」と述べた。「さらに、北米大陸全土で失業率が高いこともあり、自動車需要は回復が遅れるだろう」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below