July 21, 2020 / 4:34 PM / 17 days ago

カナダ小売売上高、5月は18.7%増 6月は一段と加速も

[オタワ 21日 ロイター] - カナダ統計局が21日発表した5月の小売売上高は前月比18.7%増と、過去最大の伸びを記録した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による封鎖措置を経てカナダ経済は5月に再開し始めたが、自動車・同部品の伸びが目立った。市場予想は20.0%増だった。

カナダ統計局は、6月の小売売上高が速報ベースで24.5%増になるとの見通しを示した。

4月の小売売上高は当初発表の26.4%減から25.0%減へ改定した。過去最大の落ち込みだった。

5月の売上高は11サブセクターのうち10サブセクターで増加。自動車・同部品は66.3%増。3カ月ぶりにプラスとなった。

雑貨と衣料・装飾品も好調に伸びた。食品・飲料は2.0%減と、唯一マイナスとなった。3月は過去最高の伸びを記録していた。

BMOキャピタル・マーケッツのディレクター、ベンジャミン・ライツェス氏は投資家向けのメモで「繰延需要のほか、政府の所得補助制度によって家庭の支出が増え、小売売上高は力強く回復した」と述べた。

数量ベースでは前月比17.8%増だった。

一方、CIBCのシニアエコノミスト、ロイス・メンデス氏は「現在は、政府による大規模な所得補助制度や、消費者の繰延需要により小売売上高が増加しているが、ともに下半期に後退する可能性がある」と指摘した。

カナダ政府は今月、新型コロナのパンデミック対策として過去最大規模の緊急支援策を実施したことで財政赤字が3432億カナダドル(2550億7000万ドル)に上るとの見通しを示した。政府は緊急支援として所得補助や、打撃を受けた事業に対する賃金補助などを導入した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below