October 11, 2019 / 6:27 AM / a month ago

カナダ首相、最大野党党首への批判強める 総選挙控え

 10月10日、10月21日の総選挙を前にカナダのトルドー首相(左)は10日の討論会で、最大野党・保守党のアンドリュー・シーア党首(右)を富裕層への減税を計画していると強く批判した。写真はガティノーで撮影(2019年 ロイター)

[オタワ 10日 ロイター] - 10月21日の総選挙を前にカナダのトルドー首相は10日の討論会で、最大野党・保守党のアンドリュー・シーア党首を富裕層への減税を計画していると強く批判した。

与党・自由党を率いるトルドー氏は続投を目指すが、選挙戦開始からシーア氏との支持率がきっ抗している。

トルドー氏はフランス語で行われた6党首による討論会で、シーア氏を「億万長者のために5万カナダドル(3万7600米ドル)の減税を確約している」と批判。一方、シーア氏は、即座に反論した。

トルドー政権は財政赤字縮小を公約に掲げて発足したが、自由党は歳出を拡大している。

シーア氏は5年以内に財政を均衡させると表明。ただ、トルドー氏は、痛みを伴う歳出削減を余儀なくされると批判した。

今回の討論会は3度目で最終回だが、7日に英語で行われた討論会よりは穏やかな雰囲気だった。

7日の討論会では、シーア氏はトルドー氏を「ペテン師」などと激しく攻撃した。また、議会の倫理委員会がトルドー氏や側近が建設会社の贈賄事件について訴追を免れるよう「手心」を加えたと認定したことなども改めて持ち出し、トルドー氏に厳しく詰め寄った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below