August 3, 2015 / 12:03 AM / 3 years ago

カナダ総選挙、10月19日投開票 低迷続く経済が焦点に

[オタワ 2日 ロイター] - カナダのハーパー首相は2日、総選挙を10月19日に実施すると発表した。1870年代以来最長となる11週間の選挙戦がスタートした。

選挙戦では低迷の続く経済が焦点になる見通し。ハーパー首相率いる中道右派の保守党は2006年以来、政権を担っているが、各種世論調査によると、今回の選挙では下院で過半数議席を失う可能性がある。

ハーパー首相は、世界的な景気減速や、カナダの主要輸出品である石油の価格下落という後遺症に苦しむ経済を立て直すことができるのは保守党だけだと主張。首相は、野党各党について、歳出拡大や債務増加など「破壊的な」政策を導入しようとしている、などとして批判した。

直近の世論調査によると、保守党の支持率は、中道左派の新民主党(NDP)をわずかに下回っている。同じく中道左派の自由党は3位。

イプソス・パブリック・アフェアーズの世論調査専門家、ジョン・ライト氏は、選挙戦は「極めて厳しい」ものになると指摘。保守党が政権を維持する確率は50%と、昨年の88%から低下したとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below