for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「アスベスト」にさよなら、同名のカナダの町が改名

 かつて建材として広く使用され、深刻な健康被害をもたらすことで知られる鉱物「アスベスト」と同名のカナダ・ケベック州にある町が、住民投票で改名することになった。写真はケベック州のアスベストの廃坑。2012年2月撮影(2012年 ロイター/Christinne Muschi)

[トロント 19日 ロイター] - かつて建材として広く使用され、深刻な健康被害をもたらすことで知られる鉱物「アスベスト」と同名のカナダ・ケベック州にある町が、住民投票で改名することになった。

19日に公表された住民投票の結果によると、町名は6つの選択肢の中から51.5%の支持票を得た「バルデスルス(Val-des-Sources)」に変更される。

町長は19日、新たな町名について「われわれの地域を象徴するもので、とりわけ将来に向けて活力を与える名前だ」と語った。

バルデスルスは英語で源の谷を意味する。町の説明によると、3つの湖の合流地点にある立地などを表しているという。

町名変更にはいくつかの承認手続きが必要になる。町長は12月までの変更に期待を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up