November 19, 2019 / 11:32 PM / 23 days ago

カナダ最大の鉄道会社の労働者がスト、主要輸出品移送に支障

11月19日、カナダ最大の鉄道会社の労働者がストライキに突入し、主要輸出品の移送に支障が生じつつある。写真はオンタリオ州ブランプトンでピケする組合労働者ら(2019年 ロイター/Mark Blinch)

[モントリオール/ウィニペグ 19日 ロイター] - カナダ最大の鉄道会社の労働者が19日、ストライキに突入し、主要輸出品の移送に支障が生じつつある。野党や地方政府からはトルドー首相が速やかに介入して事態を収拾すべきだとの声が出ている。

ストを行ったのはカナディアン・ナショナル鉄道(CN)(CNR.TO)の労働組合に属する約3000人で、労使交渉が不調に終わったことが原因。労組側は作業面の安全性が確保され、休暇が減らされないことなどを求め、なお話し合いを続けている。

世界的な農産物輸出国の1つであるカナダは、小麦やキャノーラなどの西部の産地から積み出し港まで長距離を輸送する上で、CNとカナディアン・パシフィック鉄道(CP)(CP.TO)に大きく依存しており、石油や鉱物資源の輸送も鉄道が頼りだ。

一方トルドー氏は、議会再開を12月5日以降とする方針のため、それまで政府は労働者に職場復帰を強制できないと表明している。

これに対して野党・保守党のシーア党首とアルバータ州のエネルギー相は、それぞれトルドー氏に対してただちに議会を召集するよう促した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below