June 24, 2020 / 8:28 PM / 12 days ago

フィッチ、カナダを「AAプラス」に格下げ コロナ禍で財政悪化

[トロント 24日 ロイター] - 格付け会社フィッチ・レーティングスは24日、カナダのソブリン格付けを「AAA」から「AAプラス」に引き下げた。新型コロナウイルス感染拡大を受け公的財政の悪化が予想されるため。

フィッチは、カナダの財政赤字の対国内総生産(GDP)比率は今年は16.1%に拡大すると予想。公的債務の対GDP比率は115.1%と、昨年の88.3%から上昇するとの見通しを示した。

フィッチは2004年8月からカナダの格付けを最高位の「AAA」としてきた。ムーディーズとS&Pグローバルは依然、「AAA」としている。

スコシアバンクの資本市場経済部門バイスプレジデント、デレック・ホルト氏は「カナダの格付けは依然、相対的に非常に堅調だ」と指摘した。

フィッチの格下げに金融市場の反応は限定的だった。カナダドルは小幅下落し、1米ドル=1.3617カナダドル。カナダ10年債利回りは横ばいの0.545%。

SIAウェルス・マネジメントのColin Cieszynski氏は「格下げはカナダだけに限ったことでははなく、緊急財政出動を受けて今後、他の国の格下げも相次ぐと投資家は予想しているようだ」と語った。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below