September 11, 2019 / 4:34 AM / 7 days ago

カナダ海軍艦艇が台湾海峡を通過、航行の自由作戦は否定

 9月10日、カナダ政府は、海軍のフリゲート艦が9日と10日に台湾海峡を通過したことを明らかにした。写真はカナダと中国の国旗。2017年12月北京での代表撮影(2019年/ロイター)

[オタワ 10日 ロイター] - カナダ政府は10日、海軍のフリゲート艦が9日と10日に台湾海峡を通過したことを明らかにした。カナダ海軍の艦艇は6月にも同海峡を通過した。

中国政府は台湾を自国の一部と主張しており、外国の艦艇による台湾海峡通過を非難することが多い。

カナダ国防省は「北東アジアにおける国連安全保障理事会の制裁監視活動と東南アジアでの任務の間の最短ルートだった」と海峡通過の理由を説明した。

その上で「カナダ海軍は他国の領有権主張に抗議することを狙ったいわゆる航行の自由作戦は実施しない。艦艇の通過は国連海洋法条約を含む国際法に沿って行われた」とした。

6月にもカナダの艦艇2隻が台湾海峡を通過したが、政府は政治的な意図は一切ないと説明している。

今回の通過について中国は現時点で反応を示していない。

カナダと中国の関係はこの1年で急速に冷え込んだ。カナダ当局が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の最高財務責任者(CFO)を逮捕したことに反発し、中国はカナダ産の食肉や菜種の輸入を停止したり、中国国内でカナダ人をスパイ容疑で拘束するなどしている。

ただ、最近では互いに相手国駐在の新大使を任命するなど、関係改善の可能性を示唆する動きも見られる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below