August 3, 2018 / 9:53 PM / 16 days ago

6月のカナダ貿易赤字縮小、輸出が過去最高

[オタワ 3日 ロイター] - カナダ統計局が発表した6月の貿易収支は、輸出が過去最高となる中、赤字は6億2600万カナダドル(4億8200万米ドル)と、2017年1月以来の低水準となった。市場予想の23億カナダドルを大幅に下回った。

輸出は4.1%増の507億カナダドル。エネルギー商品のほか、商用機を中心とする航空機の輸出が堅調だったことが押し上げ要因となり、1カ月の伸びとしては2016年11月以来の高水準となった。

第2・四半期は前期比6.0%増となり、10年ぶりの大きな伸びを示した。

ただ、6月は鉄鋼が5億3680万カナダドルに減少。アルミニウムは7.0%減の8億5120万カナダドルとなった。

カナダの米国への鉄鋼輸出は、5月末にトランプ政権が25%の関税措置を導入してから36.8%減少している。

輸入は0.2%減。カナダでは多くの精製所が4─5月は閉鎖されていたが、6月に稼動を再開し、ガソリンとディーゼル燃料の輸入の需要が低下した。

全体の輸出のうち米国向けは73.0%。輸出は2.5%増、輸入は0.3%増となり、米国に対する貿易黒字は41億2000万カナダドルと、前月の33億3000万カナダドルから拡大した。

今回の貿易統計が好調だったことで、カナダ銀行(中銀)が9月5日に開く次回政策決定会合で追加利上げに踏み切るのではないかとの観測が高まった。経済が力強さを増す中、中銀は昨年年央からこれまでに4回の利上げを実施している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below