for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カナダ首相、緊急権限発動 トラック運転手らのデモへの対処で

[オタワ 14日 ロイター] - カナダのトルドー首相は14日、新型コロナウイルスワクチン接種義務に抗議するトラック運転手らのデモに対処するため、政府が緊急権限を発動したと表明した。

2月14日、カナダのトルドー首相(写真)は、新型コロナウイルスワクチン接種義務に抗議するトラック運転手らのデモに対処するため、政府が緊急権限を発動したと表明した。オタワで11日撮影(2022年 ロイター/Patrick Doyle)

抗議デモによって米国との国境の橋は封鎖され、主要な物流ルートが遮断されていた。

トルドー首相は会見で「このような封鎖はカナダ経済の打撃となり、公共の安全を損なう」とし、「われわれは違法かつ危険な行動の継続を容認しない」と言明した。

米ミシガン州デトロイトにつながる「アンバサダー橋」のあるカナダ東部オンタリオ州ウィンザーや、首都オタワで抗議デモが3週目に入る中、デモ隊への警察の対応が手ぬるいとの批判が出ていた。

首相は、法執行当局の最善の努力にもかかわらず、効果的に法を執行することが明らかに難しくなっていると語った。

アンバサダー橋を6日間にわたり封鎖していたデモ隊は、13日に警察によって排除された。

「フリーダム・コンボイ」と呼ばれるこの抗議活動は、米国との国境を越えて移動するトラック運転手を中心にカナダ政府のワクチン接種義務に対する抗議活動として始まったが、トルドー政権の厳格な新型コロナウイルス対策から炭素税まで政策全般への抗議に発展した。

1988年制定の緊急法は、国家の緊急時に安全を確保するための特別な一時措置を講じる権限を連邦政府が州政府に優先して行使することを認めている。同法は平時にはほとんど使われてこなかった。

首相の発表に先立ち、アルバータ、ケベック、マニトバ、サスカチュワンの4州の首相は14日、緊急法に基づく権限発動は不要だとして発動への反対を表明していた。

緊急権限の発動には7日以内のカナダ議会の承認が必要となる。また、議会は発動の決定を無効とする権限も持つ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up