October 24, 2019 / 3:58 AM / in 24 days

カナダ首相、野党党首に接触へ 連立政権の排除表明

 10月23日、カナダのトルドー首相は与党が単独過半数を失った下院議会選挙後、初めての記者会見を開き、野党に接触していくが連立政権の可能性は排除すると表明した。写真はカナダのモントリオールで22日撮影(2019年 ロイター/Carlo Allegri)

[オタワ 23日 ロイター] - カナダのトルドー首相は23日、与党が単独過半数を失った下院議会選挙後、初めての記者会見を開き、野党に接触していくが連立政権の可能性は排除すると表明した。

21日の選挙では、トルドー氏の与党自由党が第1党を維持しながらも単独過半数を失った。

トルドー氏は「正式であれ非正式であれ、いかなる形の連立も計画に入っていない」と述べた上で、数週間中にすべての党の党首に接触するとした。

自由党幹部らによると、トルドー氏は議会においてケース・バイ・ケースで野党の支援を求めていく方針。特に左派寄りの新民主党(NDP)から協力を仰ぐ可能性が高いという。

トルドー氏は11月20日に新たな内閣を発表し、最優先課題として中間層の減税に取り組む方針を示した。

同氏は「21日夜、カナダ国民から考える材料を多く与えられた。国民に奉仕する最善の方法について熟慮するため、必要な時間を取っていく」と語った。高らかに勝利宣言した21日と比べ、顕著に抑制された口調だった。

トルドー氏はまた「トランス・マウンテン石油パイプラインの拡張を続ける」と約束した。西部の原油生産地帯では、環境規制の強化によりエネルギー産業が圧迫されるとの懸念が広がっており、選挙ではこの地域のアルバータ、サスカチュワン両州で重要閣僚を含む自由党議員が全員落選した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below