Reuters logo
米建設現場で南北戦争時代の武器庫発見、撤去で工事中断
2017年3月29日 / 23:05 / 8ヶ月前

米建設現場で南北戦争時代の武器庫発見、撤去で工事中断

[ハリスバーグ(米ペンシルベニア州) 28日 ロイター] - 米ペンシルベニア州ピッツバーグのアパート建設現場で、南北戦争時代の武器庫が見つかり、兵器の撤去作業の間工事が一時中断される事態となった。

現場は元兵器工場。1862年9月17日に爆発が発生して十代の労働者ら70人が死亡し、南北戦争中最悪の民間人被害となった。

27日には少なくとも29発の砲弾が地中から掘り出され、工事は28日も中止された。

ピッツバーグ公衆安全当局の広報担当者は、砲弾の数が多いため、州の爆弾処理班の手に負えず、メリーランド州の専門会社に撤去を委託したとし「きょうにも撤去作業が開始される」と述べた。

当局は砲弾が安定状態にあるとみているが、念のため24時間の警戒態勢を敷いたという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below