Reuters logo
五輪コーチの心臓移植受けたブラジル女性、活動的な人生に希望
October 11, 2017 / 5:44 AM / 2 months ago

五輪コーチの心臓移植受けたブラジル女性、活動的な人生に希望

[リオデジャネイロ 9日 ロイター] - 2016年のリオデジャネイロ五輪中に交通事故に遭い、35歳で死亡したドイツのカヌー・スラローム代表コーチ、シュテファン・ヘンツェ氏の心臓移植を受けたブラジル人女性(67)が、コーチの種目だったカヌーに乗るなど、活動的な人生を送りたいと希望を語った。

 10月9日、2016年のリオデジャネイロ五輪中に交通事故に遭い、35歳で死亡したドイツのカヌー・スラローム代表コーチ、シュテファン・ヘンツェ氏の心臓移植を受けたブラジル人女性(67、写真)が、コーチの種目だったカヌーに乗るなど、活動的な人生を送りたいと希望を語った(2017年 ロイター/Bruno Kelly)

この女性は、リオデジャネイロ在住のイボネット・バルタザルさん。2012年に心臓発作を発症してからドナーが現れるまで20カ月間待機、この間に筋力が衰えて健康が劇的に悪化し、寝たきり状態となっていた。

だが昨年にヘンツェ氏の心臓を移植され、今年9月には孫とともに初めてスポーツイベントに参加、コパカバーナのビーチを3キロ歩くことができた。

バルタサルさんは「この心臓を無駄にはできない。カヌーを購入して乗りたい」と話している。

ヘンツェ氏は、2004年のアテネ五輪で銀メダルを獲得し、以後コーチとして活動。リオ五輪中、乗っていたタクシーがコンクリート壁に激突して頭部に重傷を負い、3日後に死亡した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below