for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

カナダのコンビニ大手によるカルフール買収提案、仏政府が難色

[パリ/モントリオール 14日 ロイター] - フランス政府は14日、カナダのコンビニ運営大手アリマンタシオン・クシュタールによる仏小売大手カルフール買収提案について、食料安全保障の観点から難色を示した。

フランスのルメール財務相は、ロイターネクスト会議で取材に応じ、「カルフールが外資企業に買収されることは、われわれ全てにとり大きな問題になる」と述べ、「食料安全保障は、全ての先進国にとり戦略的課題の中核部分だ」と指摘した。

クシュタールが拠点を置くカナダのケベック州のフィッツギボン経済相は14日、仏アルストムによるカナダのボンバルディアの鉄道関連事業買収を引き合いに出し、アルストムがボンバルディアの良き所有者になったように、クシュタールも良き所有者になれるということをフランス政府に伝えていると語った。

クシュタールは1株当たり20ユーロでの買収を提案。買収規模は200億ドル近くになるとみられる。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up